埼玉県議会で手話言語法意見書が可決

7月11日(金)埼玉県議会において「手話言語法制定を求める意見書」が全会一致で原案可決されました。
意見書の提出先は、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣、内閣官房長官です。
埼玉県議会での意見書採択のために、埼玉県議員のみなさまにご協力を頂きました。ありがとうございました。

傍聴では36人が出席し、可決を見守りました。

さいたまー!

傍聴に出席したみなさん

やったぞ

埼玉県議員 山下勝矢様と一緒に記念写真撮影

全会一致

全会一致で可決

可決を見守るみなさん

喜びの気持ちを表したかった!(心の中で拍手拍手!)

埼玉県議会で可決され、9月の市町村議会での採択に自信がつながりました。頑張って行きましょう!